著作権とは?
   近年、「知的財産権」という権利が注目されています。簡単にいえば「知的な創作活動によって何かを創り出した人に対して付与される、「他人に無断で使用されない」権利」(文化庁HPより)となります。要するに、自分のアイデアや技術を盗まれたりしないように守ってもらう権利というところでしょうか。

 この知的財産権には、大きく分けると
「著作権」と「産業財産権」とがあります。
 このうち、著作権は大きく2つに分けられます。1つは「著作者人格権」で、公表権・氏名表示権・同一性保持権からなります。もう1つは「著作財産権」で、複製権・上映権・公衆送信権・譲渡権などからなります。 
 一方、産業財産権には「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」があります。もちろん、細かく分かれているということは、それぞれ権利の対象となるものが違います。


著作物となるもの
1.言語の著作物 小説・論文・俳句・講演など
2.音楽の著作物 作詞・作曲・編曲など
3.舞踏の著作物 ダンスの振り付けなど
4.美術の著作物 絵画・版画・漫画など
5・建築の著作物 建物のデザイン
6.地図、図形の著作物 地図・図面・表など
7.映画の著作物 映像・ストーリー・衣装など
8.写真の著作物 写真
9.プログラムの著作物 パソコン用のプログラムなど
著作物とならないもの
時刻表・料金表・名簿・事実を伝えるだけの新聞記事・法令・通達など


 
 著作権の侵害
   他人の著作物を無断で使用、譲渡などをすることは禁止されています。著作権を侵害すると、損害賠償や差止請求などの民事責任と、罰金などの刑事責任を問われることになります。
 それでは、具体的にどういった行為が著作権の侵害となるのでしょうか?身近な例を挙げてみます。
これは著作権の侵害です!
①他人のHPの写真や文章を、無断で自分のHPに掲載する
②替え歌をHPなどに掲載する
③市販のCDをコピーしてHPで流す
④雑誌や書籍の表紙を無断で転用する
⑤他人の楽曲を無断で演奏したり、他人が創作した劇を上演し入場料などを徴収する
⑥有名なキャラクターを自分のHPで使用する(特にミッキーマウスなどディズニー関連のキャラクターは要注意です)
⑦ブログにキャラクターや有名人の写真を載せる
⑧インターネット販売等で、海賊品と知りながら販売する
⑨違法サイトと知りながら音楽・映像をダウンロードする(個人で楽しむだけでもダメです
 

 最近問題となっているのが、インターネット上での著作権侵害行為です。他人の著作物をインターネットに掲載する行為は「公衆送信化権」の侵害となります。特にブログに写真を載せるときには要注意です。では、掲載した写真に偶然キャラクターが写っていた場合はどうなるでしょう。この場合には、写真のメインがそのキャラクターでなければ問題ありません。例えば、着ていたTシャツにミッキーマウスが描いてあってもOKということになります。同様に、赤ちゃんがぬいぐるみを持っていた場合や、たまたま背後にポスターが写っていた場合なども問題ありません。



 
 
 著作権の登録
 
   前述のとおり、著作権は特別な手続をしなくとも発生します。しかし、もしもトラブルに巻き込まれた場合には必ず必要になるのが「証拠」です。例えば「この作品は私が最初に発表したものだ」と主張したい場合、それを証明するにはどうすればいいのでしょうか?最もわかりやすいのは、原稿・下書き・第三者の証言などということになるでしょう。しかし、場合によっては登録をしておくことも必要です。

 最も登録が必要になるケースとしては、「著作権、著作隣接権の移転」があります。著作権は譲渡・売買ができることは既に述べましたが、その移転を第三者に対抗するには登録をしなければなりません。例えば、作者からキャラクターの権利を買い取ったとします。その後、作者は第三者にも同じキャラクターの権利を売り渡した場合、そのキャラクターを使用できるのは誰でしょうか?それは、先に移転の登録をした人です。たとえ先に代金を支払っていたとしても、登録をしていなければ使用することはできないのです。


 登録できるのは、著作者の実名・第一発行日・創作年月日・著作権、隣接権の移転・出版権の設定等です。申請は文化庁又はソフトウェア情報センターに行います。なお、申請には登録免許税が必要です。(実名登録9,000円、移転登録18,000円など)


 
 対応地域
埼玉県/越谷市・さいたま市・春日部市・草加市・三郷市・吉川市・松伏町・杉戸町・宮代町・八潮市・川口市・蕨市・戸田市・朝霞市・志木市・新座市・和光市など
東京都/足立区・葛飾区・台東区・江戸川区・荒川区・北区など
千葉県/野田市・流山市・柏市・松戸市・我孫子市など
その他の地域も承りますのでご相談ください。
   


24時間受付:無料

注:携帯メールをご利用の方は、パソコンからの返信が受信できるように設定をしてください。
 
   

Menu

TOPへ戻る 就業規則の作成 労務管理のご相談給与、退職金制度メンタルヘルス社会労働保険の手続き助成金の申請 株式会社等の設立建設業許可申請宅建業許可申請古物商許可申請労働者派遣業登録内容証明・公正証書離婚に関するご相談相続に関するご相談自動車名義変更著作権について スマホ用サイトへ

Sub Menu













 行政書士社会保険労務士とは

 行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。
 また、書類の作成だけではなく、それにまつわる身近な法律相談ができる気軽な相談相手です。

 社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づく国家資格者で、労働・社会保険
に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。一般的には社労士、労務士などと呼ばれます。


 社会保険労務士行政書士 宮崎事務所
〒343-0821 埼玉県越谷市瓦曽根2-9-10-102
TEL 048-963-7982  FAX 048-963-7983
E-MAIL: ym4416@cronos.ocn.ne.jp