宅建業宅地建物取引業)とは
   宅建業とは、「宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うもの」です。わかりやすくいえば、以下の3つの要件を満たすと宅建業となります。
 宅建業とは・・・
 ①営利目的であること 
 ②取引の相手が不特定多数であること
 ③取引を反復継続して行うこと
 これらに該当する宅建業を営むには、宅地建物取引業の免許が必要になります。


 
 宅建業許可を受けるための要件
   宅建業の免許を取得するにはいくつかの条件があります。

①定款に「宅地建物取引業」についての記載があること

 個人事業の場合は不要です。株式会社などの法人の場合、「宅地建物取引業」「宅建業」「不動産の売買・仲介」などとの記載がないと宅建業の免許を受けることができません。

②継続的に事業を行う事務所があること
 宅建業専用の事務所を賃貸・所有していれば特に問題はありません。問題は自宅を事務所として使用する場合や、他の法人と同じ事務所で事業を行うケースです。
 これらのケースでは、宅建業を営む部屋と他の部屋とを壁やパーテーションで仕切らなければなりません。また、他の法人と同じフロアの場合、出入り口が別々で他の法人を通らずに行き来できなければ宅建業の事務所としては認められません。

専任の宅地建物取引士がいること
 専任の宅地建物取引士は、
1つの事務所において業務に従事する者5名につき1名以上の割合で必要になります。つまり宅建業に従事する人が5人以下なら1人でも構いませんが、6人以上では2人必要になります。
 専任とは、宅建業を営む事業所に常勤して、専ら宅建業に従事する状態をいいます。ただし、同一の事務所で他の事業を兼業している場合、一時的に兼業に係る業務に従事することは可能です。また、個人事業主が同一の事務所で兼業を行うことも可能です。

専任の取引士として認められる例
 ①同じ事務所で行政書士事務所と不動産業を行う場合
 ②同一の法人内で、建設業の専任技術者や主任技術者となる場合
 ③他の法人で非常勤の取締役となっている場合

専任の取引士として認められない例
 ①他の事務所で、建設業の専任技術者や主任技術者となる場合
 ②行政書士、社会保険労務士などを他の事務所で営む場合
 ③他の法人に従業員として雇用されている場合

④営業保証金
 宅建業の免許申請をして免許通知を受け取った後でも、実際に営業するには営業保証金を供託所に供託するか、保障協会に加入しなければなりません。
 直接供託所に供託する場合は、主たる事務所1000万円、従たる事務所500万円が必要になります。一方、信用保証協会の場合は、主たる事務所60万円、従たる事務所30万円程度で加入できます。(入会金や年会費などは別途必要です)
 創業始めは何かと経費がかかりますので、信用保証協会へ加入するケースが多いでしょう。

 社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会 
 社団法人 全国宅地建物取引業協会保証協会
 http://www.zentaku.or.jp/

 社団法人 全日本不動産協会
 http://www.zennichi.or.jp/index.php



 
   宅建業の免許申請から開業まで  
  ①宅建業免許申請書類の準備・作成
②申請窓口にて受付

③審  査

④免許登録・通知
⑤営業保証金の供託又は保証協会に加入
⑥宅地建物取引業免許証の受領、営業開始


 宅建業の免許の有効期間は5年間です。免許の更新をする場合は、有効期間満了日の90~30日前に、更新の手続きをしなければなりません。
 また、次の事項に変更があった場合、変更届の提出が必要です。
①事務所の商号、名称、所在地
②代表者・法人役員の改姓改名、就任、退任
③専任取引主任者の改姓改名、就任、退任



 
   当事務所へのご依頼について  
   
報 酬 額
 宅建業許可(知事・大臣許可)  55,000円
 宅建業許可更新(新規・大臣許可) 33,000円
 事前相談・診断 無  料 
 知事許可証紙代 33,000円 
 大臣許可印紙代 90,000円 

※状況によって変更をお願いする場合があります。また、宅建業許可と他の手続きを併せてご依頼いただいた場合には特別料金にて承りますので、お気軽にご相談ください。


 
 対応地域
埼玉県/越谷市・さいたま市・春日部市・草加市・三郷市・吉川市・松伏町・杉戸町・宮代町・八潮市・川口市・蕨市・戸田市・朝霞市・志木市・新座市・和光市など
東京都/足立区・葛飾区・台東区・江戸川区・荒川区・北区など
千葉県/野田市・流山市・柏市・松戸市・我孫子市など
その他の地域も承りますのでご相談ください。
   


24時間受付:無料

注:携帯メールをご利用の方は、パソコンからの返信が受信できるように設定をしてください。
 
   

Menu

TOPへ戻る 就業規則の作成 労務管理のご相談給与、退職金制度メンタルヘルス社会労働保険の手続き助成金の申請 株式会社等の設立建設業許可申請宅建業許可申請古物商許可申請労働者派遣業登録飲食店営業許可申請内容証明・公正証書離婚に関するご相談相続に関するご相談著作権について スマホ用サイトへ

Sub Menu

建設業許可について建設業許可の注意点経営事項審査(経審)
宅建業許可労働者派遣業の申請労働者派遣Q&A
派遣労働者を戦力に古物商許可




 行政書士社会保険労務士とは

 行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。
 また、書類の作成だけではなく、それにまつわる身近な法律相談ができる気軽な相談相手です。

 社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づく国家資格者で、労働・社会保険
に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。一般的には社労士、労務士などと呼ばれます。


 社会保険労務士行政書士 宮崎事務所
〒343-0821 埼玉県越谷市瓦曽根2-9-10-102
TEL 048-963-7982  FAX 048-963-7983
E-MAIL: ym4416@cronos.ocn.ne.jp